• クレンジングゲルの性能、潤い成分90%以上と比較

    クレンジングゲルとは普通のリキッドタイプの製品よりも刺激が弱く、保湿効果が高い一面がポイントです。近年では流行りになってきた「潤い成分90%以上配合」のクレンジングゲルですが、比較的に肌の必要な潤いを取らずに、不要な汚れを取り除くのがメリットとなります。一般的なクレンジングは、ミネラルオイルや合成界面活性剤をたくさん加えてありますが、人によってはそれらが痒みや湿疹、皮膚トラブルの原因になりますから、安全面を比較するならクレンジングゲルです。

    クレンジングゲルの比較情報について考えます。

    潤い成分90%とは全成分中の割合となります。
    その中に水を含むと見做すところもあれば、特殊な水を使って機能性を高めているメーカーも存在します。しかし、保湿効果のある成分を大量に配合しているクレンジングゲルは、質感が重くて、汚れが落ちにくい可能性があるのが問題点です。

    比較するとリキッドタイプや合成界面活性剤配合のクレンジングよりは、汚れやファンデーションを落とす力は弱めですが、乾燥肌や敏感肌の人には適した製品になります。

    クレンジングゲルに植物抽出液やエモリエント成分であるグリセリン、セラミドやスクワランなどを配合する機会は多いです。



    洗浄成分の添加を控えめにしたり、酵素を加えてナチュラルなやり方で不要な汚れを落とすように工夫した、製品も出回ってはいます。

    頑固な垢や毛穴には作用しにくい場合はありますが、最低限のファンデーションや汚れを落としてくれるため、刺激は弱くなるのがポイントです。